爆裂長野 -BAKURETSU NAGANO-


飛行機だけは勘弁な。
by amino22
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
以前の記事
カテゴリ
最新のトラックバック
frozen throne
from frozen throne
cost of livi..
from cost of living..
visiting nic..
from visiting nicol..
memorabilia ..
from memorabilia oa..
long distanc..
from long distance ..
butterfly di..
from butterfly digi..
snow bord
from snow bord
informatyczn..
from informatycznego
osberg
from osberg
help how do ..
from help how do gi..
LINK
フォロー中のブログ
ライフログ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

続スペシャルオリンピックスの巻

そんなこんなで、スペシャルオリンピックスを観戦してきました。
今日は風も強くて、非常に肌寒い日中だった。

最初はエムウェーブに行き、スピードスケートを観戦。
平日ということもあり、かなり空いていた。
しかしなんというかな、観客が少なすぎてちょっと辛い。
選手の達との距離も結構あり、応援するにも応援しづらい。1人なのでなおさら応援しづらい。

それでも選手の方々は非常に一生懸命に競技をしていた。
応援も色々な言葉が飛び交っていて、なにやら新鮮。
やはり海外の方も多く、何語を話しているか分からない方々に囲まれて、非常に小さくなっている俺でした。
それとなく会話を聞いていると
「今日は良いプレイだったよ。明日もがんばれよ」
とか
「カメラの使い方がわからん!」
とか
「晩飯は日本食がよいなあ」とか、至って普通の会話をしていました。飯の心配かよ!

その後ホワイトリングに移動。エムウェーブから15分ぐらいだ。
冬季五輪では、フィギュアスケートやショートトラックに使われた施設である。
この会場では、「フロアホッケー」という競技を行っていた。
スケートではなく、普通に靴をはいてホッケーをするわけだ。
ルールとかの前知識は皆無だったが、なんか面白そうではないか。

ホワイトリングの外を歩いていると、帰り際の海外選手達がバスから身を乗り出して
「サ~ヨ~ナ~ラ~ァ」
と不思議日本語を大声で叫びながら、俺に手を振っている!!
俺ははにかみながら手を振ってあげた。
うーん、挨拶しただけなのに、妙に嬉しいのはなぜだろう。

会場に入ると、やはりというかスピードスケート会場よりは観客がいた。
あいかわらず1人な俺は、なんとなく応援する。
でもこれ、普通に面白そうな競技だ。
ぶつかりあって転倒したり、かなり機敏な動作で相手をかわしては、シュートしたり。
なかには白熱して言い争い寸前なんてことも。
選手達は皆ハイテンションだ。

b0028243_19342429.jpg


身障者の大会なんていうけど、そんなことはない。
間違いなく彼らの競技は見ていて面白いし、手に汗を握るし、声には出ないが応援したくなる。
真剣に取り組んでいる姿は、健常者だろうが身障者だろうが関係なく素敵ということだ。

俺は福祉の仕事につきたいなと、度々思うことがある。
自分のような何でもない人間の助けを必要とする人もいてくれる。
そういう人の為に、何か出来ることはないのだろうかと、考えることがあるのだ。

この観戦で、なんとなく俺の中で何か変わったかもしれない。
[PR]

by amino22 | 2005-03-01 19:48 | その他
<< ある晩の巻 スペシャルオリンピックスの巻 >>